↓↓↓ランキングにご協力お願いします。↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

2007年12月05日

成績を上げる講師に必要な事とは?

成績を上げる講師に必要な事とは何でしょうか?

私のクラスの生徒は、成績が他より上がりました。
こんな事を言うと「私の授業が他の講師に比べて相当分かりやすかったのか?」

と思われるかもしれませんが、それは

自信をもって違う!言えます。

こんな事、自信をもって言うのも問題ですが・・・(笑)


授業の分かりやすさは同じかそれ以下でも
少なくとも私は他の講師より生徒の成績を上げる事ができる自信はあります。


なぜでしょうか?

どれだけ分かりやすい授業をしても

所詮、授業時間内の60分や80分しか教えていないのです

塾での1週間に1回か2回の60分の授業か
家庭での1週間で数時間、数十時間にも及ぶ勉強時間か?


どちらの効果を上げるようにする必要があると思いますか?

当然時間が多い家庭での勉強時間ですね。

生徒の成績が上がらないと嘆いている講師は、
必死にたった60分の授業をもっと分かりやすくするよう
頑張っているのですね。

私は、この事が分かっているので、60分の授業では、

家庭での勉強が最大限に効率化するように

フォローをしたり、方法を教えたり、やる気を出させたり
そういった事を大事にしていました。


また、宿題をやってこない生徒が悪いのではなく
やりたくないと思うような宿題しか出せない講師が悪いのですね。

宿題の出し方で言えば、例えば
この記事の単語の覚え方

を使いながら

「覚え方によって頭に残り方は違うか?」

など一緒に考えながら、賭けをしながら、宿題を出したりすると
ウケは良く、楽しんでやってきてくれました。

成績を上げる講師に必要な事とは
家庭での勉強を最大限にしてあげる事ですね。

ブログでは書けないナイショの話も満載
そんなメルマガ登録はこちらから



↓↓↓少しでも参考になったと思われたらクリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 受験ブログへ

posted by セキャップ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。