↓↓↓ランキングにご協力お願いします。↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

2007年11月28日

ホントに同じ1点なの!?

■難しい問題の1点も簡単な問題の1点も同じです。

2+3=5
という基本的な簡単な問題で取った1点も

A君とB君がいました、A君は店で600円のおやつを買いましたが財布の中身をみると・・・・

という難しい問題を解いて取った1点も

同じ1点にまったく違いはありません

そんなの当たり前!って思われるかもしれませんが
頭で分かっていながら、実際コレが実践で生かせていない子供が多い事多い事。

いつも口をすっぱくして言っていました。

なんだか、難しい問題で取った1点の方が誇らしいんでしょうね。
でも、試験は無情にも同じ1点としか見てくれません。

どれだけ難しい問題が取れるか?ではなく、
どれだけ時間内に点数が取れるか?なのです。


例えば、試験時間が残り10分になった時
解けるか分からない難問に挑んで、ただ時間だけが過ぎるより、
簡単な問題のミスを発見して1点拾う方がはるかに簡単です。

見直しの大事さを知ってもらってください。
この同じ1点の重みを分かっている生徒ほど、
難しい問題をあきらめミスを賢く見つます。

これは、結構口をすっぱくして、そして答案用紙の
ミスのもったいなさを指摘して言わないとできません。

どれも同じ1点、見直しは重要

↓↓↓少しでも参考になったと思われたらクリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 受験ブログへ
posted by セキャップ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69737251

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。